【モアナと伝説の海】ネタバレ情報!感想・ストーリーを先行公開!

いよいよ公開まであと1ヶ月を切ったモアナと伝説の海ですが、先日先行して映画を見る機会があったので、今回はsのネタバレ情報をお伝えしたいと思います。

 

まだ日本公開前というのもありますので、知りたくないという方は違うページへ行かれることをオススメ致します。

 

では、ストーリーを非常に簡単に一言でお伝えしましょう。

 

ストーリーの大筋を一言で!

 

このモアナと伝説の海は一言でいうと宝石を返却するためにモアナが航海に出て様々な人と出会いながら目的を成し遂げるストーリです。

 

某漫画である○ンピースの真逆のようなストーリーですね!財宝を探し求めるのではなく、元あった場所に返しにいくのです。

 

そういう意味でもあまり今まで見た事のないストーリー展開であり、面白いところでもあると言えるでしょう。

 

映画を見た個人的な感想

 

率直な個人的な感想を言うと、映画自体のCG技術や楽曲に非常に惹かれるものがありました。

 

昨今のディズニー映画はどれも完成度が高いですが、その技術はやはり健在で、美しさに圧倒されること間違いなしです。

 

次に話のストーリー展開はリズミカルで見ている人を飽きさせることなく、楽しく次々と変わっていくので退屈することはないでしょう。また、主人公であるモアナの人柄が非常によく、頑張れ!と応援したくなるような面白さがありました。

 

あと、アジアリゾートなどがお好きな方にとってその情景がイメージし易く、海外旅行に行きたくなるような映画とも言えるでしょう。

 

「モアナと伝説の海」ストーリー展開

 

1、序盤

1000年前に半神である「マウイ」は、あらゆる動物に姿を変えながら、神様テフィチが住む伝説の島に行き、大切な宝(ハート)を盗みます。

 

そのことにより海が荒れ、島の作物が取れなくなってきます。

 

異変を感じていたモアナは祖母よりその理由を聞かされます。

 

2、中盤

マウイが盗んだとされるハートをモアナが祖母より受け取り、16歳になった少女モアナは神様テフィチへ返却すべく、旅に出ます。

 

その後、マウイと旅先で出会い打ち解け合うまでに時間は掛かったものの最終的には仲良くなり、二人でテフィチの元を目指します。

 

3、終盤

無事にテフィチのいる島にたどり着くことは出来た二人だが、溶岩の巨人テカが待ち構えていて、島に近づく二人に攻撃をしかけてきます。

 

一進一退の戦いを繰り広げるも一度負けると判断し、撤退する。その後再度戦いに挑み勝利する。

 

しかし、神様テフィチはおらず、巨人テカにハートを返すとテカは元の姿である神に戻った。

 

つまり、巨人テカがネフィチだったという落ちだったのです。結果、島や海は今までの穏やかさを取り戻し仲良く解決をする。

 

最後に

この物語は基本的に冒険ものが好きな人にとってはなかなかハマる映画なのは間違いないでしょう。それに大人から子供まで幅広く楽しむことが出来る映画に仕上がっていると実感しました。

 

また「アナと雪の女王」に関しては女の子向けといった印象を少し受けていたけれど、今回の「モアナと伝説の海」に関しては男の子でもかなり楽しめる印象でした。

 

そういう意味でも多くの人にオススメ出来るディズニーの名作の仲間入りをすることは間違いないのではないでしょうか。